出産準備 妊娠・出産・育児 お金

出生届や児童手当だけじゃない、出産前後に必要な手続き8つのチェックリスト!

更新日:

こんにちは、ゆっこです。

私たちは健康保険や、住民票、生活するためにさまざまなところへ登録をしています。

生まれてから赤ちゃんもこうした登録をしなければいけないことがたくさんあります。そのリストと、届けに必要な書類を見てみましょう。

 

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

出産に必要な手続き①出生届

出産日含め14日以内に市役所へ

①届出人の印鑑

②母子手帳

③記入した出生届(病院でもらえます)

④出生証明書(出生届の用紙と一連で医師が記入)

 

 

 

 出産に必要な手続き②健康保険加入

1ヶ月検診までに勤務先へ

①届出人の印鑑

②出生届出済証明が記入された母子手帳

③健康保険証

④出生届のコピー

 

 

 

出産に必要な手続き③乳幼児医療費助成

赤ちゃんの健康保険加入後、1ヶ月検診までに市役所へ

①届出人の印鑑

②出生届出済証明が記入された母子手帳

③赤ちゃんの健康保険証

④普通預金通帳

 

 

 

出産に必要な手続き④児童手当

出生日の翌日から15日以内に市役所へ申請

①児童手当認定請求書

②振込口座の控え

③健康保険被保険者証の写し

④所得証明書

 

 

 

出産に必要な手続き⑤出産育児一時金および付加金

出産した翌日から2年間以内に勤務先へ

①届出人の印鑑

②健康保険証

③出生を証明するもの

④出産育児一時金の請求書

⑤請求内容と同じ領収書か明細書

⑥医療機関等との合意書

 

 

 

出産に必要な手続き⑥出産手当金

産休終了後、勤務先へ
①健康保険証

②健康保険出産手当金支給申請書

③振込先の口座番号

④印鑑

 

→これは産休中の給与をカバーするものですので産休中給料ができるときは支給されない場合や一部支給になることもあります。

妊娠したら勤務先に確認しましょう。

また忘れていても2年以内であれば遡って申請できます。

 

 

 

出産に必要な手続き⑦育児休業給付金

育休取得の1ヶ月前までに勤務先へ

①届出人の印鑑

②振込先の口座

③出生を証明する書類

④育児休業基本給付金の申請書

 

 

 

出産に必要な手続き⑧高額医療費(妊娠や出産で健保適用の場合)

診察日の翌日からから2年以内に

①届出人の印鑑

②健康保険証

③医療費の領収書

④高額医療費の支給申請書

 

→これは、妊娠中に切迫などのリスクで入院になってしまった時に、高額医療費制度を使えば高額になりがちな入院費用を抑えることができます。

何があるかわからない妊娠、出産、これを持っておくと安心です。

【関連記事】羊水過多で1ヶ月入院!入院費用はどのくらい?保険は使える??

 

 

こうしてみると本当に必要な書類と手続きが多いことがわかりますね。

出産前に慌てることがないように事前に書類を集め、しっかり準備しましょう。

 

 

【関連記事】出産費用はどのくらい?3人の出産を比較してみた!

【関連記事】産後ダイエットはいつからする?

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link

イチオシ記事

主婦でも簡単に稼げる在宅ワーク3選 1

主婦でも在宅で稼ぎたい! 副業元年から一年、在宅で稼ぐために頑張る方が増えましたね。 でもまだ子どもが小さいし、さらに副業で外に働きには行けない!という主婦の方も多いですよね。 昔は子どもが小さいうち ...

-出産準備, 妊娠・出産・育児, お金

Copyright© 3人ママのゆっこるNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.