妊娠・出産・育児 無痛分娩

【体験ブログ】無痛分娩初体験!痛みはどれくらい?当日はどんな流れ?費用はどのくらい?

更新日:

無痛分娩当日の流れは?

3人目を初めて無痛分娩で出産しました。

上2人は普通分娩でしたが、今回は無痛分娩を選択しました。

その理由は一番は計画分娩できること!

1人目であればいつ陣痛が来ても、最悪一人ですぐ病院へ行けば何とかなりますが、兄弟がいるとそうもいきません。

 

誰に預けるか、お手伝いに来てもらえる両親が働いていればいつから休みを取ってもらうのか、陣痛がいつくるかわからないのでスケジュールがなかなか立てられず大変です。

その点、出産日時を決められればあらかじめ預け先や、手伝いにきてくれる方々に伝えておけるので安心です。

それでは前日から当日にかけてのレポです。

 

 

Sponsored Link

無痛分娩 前日

今回は久我山病院で無痛分娩をしました。
久我山病院は総合病院です。

【関連記事】久我山病院の出産はどんな感じ?

 

いろんな科があるので麻酔科の先生が何曜日にいるかだいたい決まっているようでした。

今回は3人目だったので34週あたりから上の子の出産週数を考え、また赤ちゃんも大きめだったことから37週と1日で出産することに決めました。

 

 

そしてその前日15時に入院。

着替えを済ませたらNSTという機械をお腹につけて赤ちゃんが元気かお腹の様子を図ります。

前日はご飯も普通に食べられました 。
[普通の病院食です。ご飯に乗ってるしそ巻きはこっそり持ち込みました]

 

 

 

無痛分娩 当日の流れ

麻酔をするから食べられないと思いきや、朝ごはんも普通に出ました!

そして8時すぎに手術着に着替えて、陣痛室でNSTをつけて赤ちゃんの状態を確認しました。

 

 

9時すぎ 内診したところ子宮口が開いてなかったので、バルーンを入れる。

10時すぎ 陣痛促進剤を点滴で、麻酔を入れるためのカテーテルを背中に入れる。

麻酔開始 麻酔は少しずつ背中に流れており、痛くなれば自分でボタンをプッシュして麻酔を追加する形でした(自分で追加できるのは30分に一回)

それでも痛ければ麻酔科の先生にお願いして追加してもらうことも可能です。

 

その後1時間おきに内診するも頭降りて来ず、子宮口も開かず。

この間、麻酔が効いていたため自分で追加では入れませんでした。

 

 

 

 

12時過ぎ 導尿カテーテル(麻酔が効いているため全く痛みはなし)

14時半 羊水がもともと多めだったこともあり、赤ちゃんが全く下がらず。

膨らんだバルーンを取り、仕切り直すか、このまま進めるか先生と相談。

 

 

上の子のお世話や手伝いに来てくれている母のスケジュールがずらせないこともあり、このまま進めることに。

人口的に破膜させる。

かなりの量の羊水が出る。
助産師さんの話では1800mlあったそうです。

(羊水の普通の量はは800mlくらいです)

 

 

 

 

15時 産んだあと、赤ちゃんと同じ部屋にいられるようにと、部屋を移動。

この後すぐに陣痛の痛みが鋭くなってきたので、はじめての麻酔追加。

 

15:15 内診、子宮口4センチ。

15:45 導入カテーテル、内診で子宮6センチ。

ここで痛みがまた強くなったので呼吸法でいきみのがしをしながら、麻酔追加。

 

 

内診の際に先生と助産師さんに「頭プニプニだね」と言われる。

赤ちゃんもかなり大きめだったので、おデブちゃんなんだろうなぁくらいにしか思わず…

 

 

 

 

16:15ごろ 子宮口全開。

この時内診で逆子になっていることがわかる。

先生の話ではおそらく羊水が大量に出た時に勢いで逆子になったんだろうとのこと。

 

 

全開だけれども、麻酔のおかげで痛みはほとんどなく、陣痛の波に合わせて呼吸法で軽くいきみ逃しする程度。

 

 

先生と冷静に会話ができました。

「普通なら帝王切開するところだけど、経産婦さんだし、無痛にしてるし、幸いお尻から出られそうだから下から産んでもいいけどどうする?」

と先生。

 

 

帝王切開は周りの経験談を聞いていて、どうしても避けたかったので、そのまま下から産むことをお願いしました。

それを聞いて麻酔科の先生が麻酔を追加。

 

 

 

逆子で産むときはあまりいきんではダメだそうで、30分ほどは呼吸法でいきみのがしをします。

そしてお尻が降りてきてから、助産師さんの合図に合わせていきみます。

最後頭が出やすいようにと、会陰切開をしました。

 

逆子の経膣分娩についてはこちらに詳しく書いてあります。

 

17:9   無事に誕生!

17:15 胎盤が出ました。

そのあと切開した部分を縫って、17時半ごろ全て終了しました。

 

 

 

10時から麻酔と促進剤を入れ始めてから7時間半でした。

この間本当に陣痛を感じていたのは2時間弱、それも麻酔が効いていたので、生理痛より少し痛いくらいの痛みで済みました。

 

 

 

Sponsored Link

 

無痛分娩、出産後の流れ

無痛分娩は終わった後、下半身の感覚が戻らないのでしばらく分娩台から動けません。

だいたい2時間後に様子を見てもらいましたが、出血が多かったこともあり、まだ動けそうになかったので痛み止めだけ飲ませてもらい、さらにカテーテルで導尿もしてもらって、さらに休むこと3時間。

 

 

22時過ぎに初めて歩いてトイレに行けました。

この頃にはだいぶ足の感覚も戻ってきました。

さらに同時に戻ってきたのは痛み……
会陰切開した痛み、
後陣痛の痛み……
速攻で痛み止めをもらいました。

 

 

 

破水の勢いで逆子になったトラブルはあったものの、最後まで落ち着いて会話できたし、出産中も笑う余裕もあり、3回目の今回が一番楽しいお産になりました。

今回が最後の出産と決めていますが、万が一次があるなら、今度も無痛分娩を選択したいと思うくらい、無痛分娩おすすめです!

 

 

あとはおサイフと相談ですね。
ちなみに産んだ久我山病院はプラス10万で収まりました。

都内では10〜20万が相場のようです。

番外編!登録しておくとお得なAmazonファミリー&ベビーレジストリ

これから出産される方はぜひ、Amazonのベビーレジストリ に登録しておくと、出産に必要なもののリストを作ることができて便利なんです!

個人的な買い物はもちろん、パパと共有しておけば買い物を頼んだときに間違いがないからオススメです!

 

ココがおすすめ

●出産に必要な準備リストが作れる

●準備リストを共有できる

●割引率がいい

●マタニティやベビーのサンプルがもらえる!

Amazonプライム会員であれば割引率がさらに上がります。

 

 

 

Amazonプライム会員であればAmazonファミリーに登録すると、オムツがいつでも15%オフで買えますよ。


→15%オフってどのくらい?

[amazon_link asins='B071XGVM2Q' template='ProductCarousel' store='ichiyukimam0b-22' marketplace='JP' link_id='f0c20e4a-07e2-45f3-ba1a-12981ce0db78']

例えば人気のパンパースのオムツであれば、Sサイズ60枚✖️2パック3180円のものが2703円で買えます!

これはオムツ一枚あたりだと26円が22円になります。

ざっくりオムツ一枚あたり4円の差になります。
1日10枚使うとすると40円の差、1ヶ月では1200円……

つまり、プライム会員の会員費は3900円ですが、使い方によっては約4ヶ月ほどで元が取れるのです。

大きな差ですよね。

 

 

また育児はオムツだけでなく、ミルクや離乳食など必要なものがその都度変わりますが、それぞれお得に買えたら嬉しいですよね。

これから出産される方はAmazonファミリー&ベビーレジストリ 要チェックです!

 

 

【関連記事】無痛分娩のメリットデメリットを考えてみた

【関連記事】無痛分娩後はどんな感じ?外出はいつからできる?

Sponsored Link
Sponsored Link

  • この記事を書いた人

ゆっこる

大手メディアで編集者として働く3児のママ
✐☡ライター依頼は問い合わせよりお願いします
お金の話が大好き!最近はLINE Payでお得に買い物をすることにどハマり中…
【詳しくはこちら】

イチオシ記事

主婦でも簡単に稼げる在宅ワーク3選 1

主婦でも在宅で稼ぎたい! 副業元年から一年、在宅で稼ぐために頑張る方が増えましたね。 でもまだ子どもが小さいし、さらに副業で外に働きには行けない!という主婦の方も多いですよね。 昔は子どもが小さいうち ...

【学資保険メリットデメリット】 2

2018年に3人目を出産しました。 子どもを持つ親がみんな思う将来の教育費どうしよう   一番はじめに思いつくのは学資保険ではないでしょうか。 わたしも両親に言われ、上2人は出産後すぐに学資 ...

-妊娠・出産・育児, 無痛分娩

Copyright© 3人ママのゆっこるNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.