家購入

結局どっち?家の購入と賃貸のメリットデメリットを比較

更新日:

こんにちは、セリサチコです。

家を購入するかそれとも賃貸にするか、どちらにするかで迷う人も多いでしょう。

マイホームを持つのが夢という人も多いですが、賃貸の方が身軽で良いという人もたくさんいます。

家の購入と賃貸、結局どっちがお得なのか両方のメリットデメリットを比較してみましょう。

家の購入か賃貸に住み続けるか、結局どっちが安く済むのかで悩む人が多いでしょう。さまざまなメディアでもこの論争は繰り広げられています。

それぞれにかかるコストを計算して、結局は購入した方がお得となるケースが多いようですが、このように計算通りになるケースはまれです。

家を購入すれば、物件価格以外に諸費用や管理費、修繕費、税金にリフォーム代などがかかります。

賃貸では、家賃以外に引越しするたびに仲介手数料や礼金、敷金などがかかり更新料や引っ越し代もかかります。

これらを計算してトータルでどちらが安く済むのかを考えるのですが、これはあくまでも仮定の話で一人ひとりのライフスタイルにより総額は違ってきます。

ただ35年間のトータルコストを比較してみると賃貸の方が安くなるケースが多く、長生きすればするほどに家を購入した方が安くなるケースが多いです。

このように金銭的には購入と賃貸、どちらかが大きく優位になるということは言えませんから、お金以外のメリット、デメリットを考えてみましょう。


やはりライフスタイルの変化に柔軟に対応できるのが賃貸のメリットです。

共働きの夫婦なら駅から近いマンションが便利ですし、子供の進学に合わせて引越しを検討したり、収入の増減に応じて住み替えも出来るでしょう。

子供が自立すれば部屋数の少ないところに引っ越したり、親の介護が必要になれば実家近くに引越すことも出来ます。


ライフスタイルの変化に強いことが賃貸の一番のメリットで、そのほかにまとまった初期費用がかからないことやメンテナンスが不要なこともメリットです。

ただし、賃貸はいつまでも家賃を支払い続ける必要があることや、リフォームしたり穴すら開けられないこともデメリットです。


家を購入すれば資産として残せることが大きなメリットでしょう。

賃貸よりもスペックの高い物件に住めることや、自由にリフォーム出来ることも購入のメリットです。

ただし高額な初期費用がかかることや、ローン支払い後にもメンテナンス費用や固定資産税などが発生すること、資産価値が変動することもあることがデメリットと言えるでしょう。

家の購入と賃貸では、どちらもメリットとデメリットがあります。

フレキシブルに動ける賃貸か、それとも資産として残せる購入かしっかり検討してみましょう。

Sponsored Link
  • この記事を書いた人

ゆっこる

大手メディアで編集者として働く3児のママ
お金の話が大好き!最近はLINE Payでお得に買い物をすることにどハマり中…
【詳しくはこちら】

イチオシ記事

主婦でも簡単に稼げる在宅ワーク3選 1

主婦でも在宅で稼ぎたい! 副業元年から一年、在宅で稼ぐために頑張る方が増えましたね。 でもまだ子どもが小さいし、さらに副業で外に働きには行けない!という主婦の方も多いですよね。 昔は子どもが小さいうち ...

-家購入

Copyright© 3人ママのゆっこるNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.