家購入

一戸建の賃貸にはメリット豊富?購入よりも優れているのか

更新日:

こんにちは、セリユキコです。

今回は賃貸の中でも一軒家についてです。

賃貸といえばマンションやアパートが一般的ですが、一戸建ての賃貸もあります。

一戸建に賃貸で住めて、さらに新築の一戸建てにはないメリットが豊富です。

一戸建て賃貸の大きなメリットですが、なんと言ってもお金の負担が少ないことです。

 

 

 

購入しようと思えば十分な自己資金が必要ですし、長い間住宅ローンを払い続けないといけなくなります。

新築の一戸建て購入する際の金銭的な負担は大きいのですが、これがないのが賃貸の良さです。

 

まず賃貸と新築を比べれば、当然ながら最初にかかる費用が圧倒的に安く済みます。

新築の一戸建てなら頭金や諸費用などの初期費用が、少なくとも200万円から300万円ほどは必要になってきます。

 

しかし賃貸なら賃貸マンションやアパートと同様に、初期費用としてかかるのは仲介手数料や敷金、礼金、そのほかに管理費などです。

安い物件であれば初期費用は20万円ほどで、高い物件でも50万円から80万円ほどで済みます。

 

また一戸建ての購入では払い続ける必要がある、固定資産税も賃貸ならかかりません。

固定資産税の額は物件価格にもよりますが、4000万円ほどの物件なら年間10万円ほどかかってしまいます。

この負担がないことも、大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

 

また賃貸ですから、経年劣化による修繕費を自己負担しなくても良いというメリットもあります。

長年住み続けていれば外壁やフローリングなどがどうしても劣化してきますから、その状況に応じて自分たちでリフォームしなくてはいけません。

購入した家なら当然ながら自分たちで費用をかけてリフォームしなくてはいけませんが、賃貸なら経年劣化の場合は大家さんにお任せ出来ます。

 

一戸建ての賃貸にはこのように金銭的な面のメリットが多いのですが、身軽に動けることも賃貸のメリットです。

子供の成長に伴って生活スタイルは大きく変化しますし、お父さんの転勤があるかもしれません。

 

生活環境の変化により、同じ場所に住み続けるのが不便になることも十分に考えられるのですが、一戸建てを購入していればなかなかそれが出来ません。

 

賃貸の一戸建てなら引越し先でまた敷金や礼金などの初期費用がかかるものの、購入した家を手放すほどのリスクはありません。

賃貸マンションやアパートよりも広くてゆったり生活出来る一戸建ても、賃貸なら気軽に住むことが出来ます。

 

購入するのは大変ですが、一戸建て賃貸なら費用的なリスクも少なくメリットも多いです。

これまでマンション暮らしで一軒家に住んだことないけど一戸建購入を考えているなんて人も試しに住んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

イチオシ記事

主婦でも簡単に稼げる在宅ワーク3選 1

主婦でも在宅で稼ぎたい! 副業元年から一年、在宅で稼ぐために頑張る方が増えましたね。 でもまだ子どもが小さいし、さらに副業で外に働きには行けない!という主婦の方も多いですよね。 昔は子どもが小さいうち ...

-家購入

Copyright© 3人ママのゆっこるNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.