家購入

家の購入で発生する主な費用と家計への影響について

更新日:

こんにちは、セリユキコです。

3人目を妊娠してから家が手狭になり引越しを考えたところで家の購入についても検討を始めました。

今回は購入するにあたって避けられない家計への影響を考えていきます。
家を購入しようと思ったらさまざまな費用が発生します。

例えば新築の一戸建てを購入するには、物件以外にも多くの諸費用が必要です。

家を購入するためには必要な費用の全体像を把握しておかないと、家計にも大きく影響してきます。
家を購入しようと思ったら、物件の金額以外に住宅ローンを組む際の手数料や税金、印紙税や登記費用、さらに引越し費用などさまざまな諸費用がかかります。

物件の金額だけを考えていたら、思わぬ費用がかかることにびっくりすることも!

頭金で支払うことも出来ますが、預金を全て使うのはとても危険です。
新しく家具や生活家電などを購入したり、当面の生活費も必要になってくるでしょう。

頭金に当てる金額は、物件の金額の1割くらいが目安とされています。
住宅ローンに頭金、手数料や税金などの諸費用に、当面の生活費がかかることを考えておきましょう。

このうち、頭金と諸費用、生活費などは自己資金で準備することになります。

あとの物件の金額は金融機関からローンを組んで返済していくことになります。

家を購入するための予算を物件の価格や頭金だけと考えていたのでは、その後の家計が苦しくなってくるでしょう。

新築の一戸建てでもマンションでも、諸費用が意外とかかるので注意が必要です。
住宅ローンの手数料に印紙税、登記費用、火災や地震保険料さらに家具家電などの購入、引越し費用などが諸費用に含まれます。
この諸費用は住宅の種類などにもよって金額が違ってきますが、新築一戸建ての場合には物件価格の5%から10%ほどがかかると言われています。

他にも、家の購入に関係のない費用も忘れていてはいけません。
頭金を多く支払えばローン返済も楽になりますが、最低でも3か月分の生活費は預金として残しておきましょう。

一戸建ての場合なら、定期的にメンテナンスが必要になるので、そのための貯えも考えておかないといけません。

また家を購入する際には、金利や住宅ローンについてもよく理解しておく必要があります。

金額が大きいですから、金利1%の違いが返済総額で比べると数百万円の違いにもなります。

しかしそうかといって低金利のローンであれば良いとも言えず、固定型や変動型など、金利タイプにも種類がありそれぞれの特長を知っておかないといけません。
変動型は固定金利よりも最初の金利は低いですが、金利が上ると返済額も増えるため家計に影響を与えます。

固定型は完済まで金利が一定ですが、金利が高く設定されています。

物件の金額だけでなく、購入に関わるさまざまな諸費用が必要になるので家計に影響しないよう予算を立てましょう。
金利や住宅ローンもいろんな種類があるので、ライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

https://ichiyukimama.com/2018/06/08/子どもができて考えるライフプラン【家購入編】-3/

Sponsored Link
  • この記事を書いた人

ゆっこる

大手メディアで編集者として働く3児のママ
お金の話が大好き!最近はLINE Payでお得に買い物をすることにどハマり中…
【詳しくはこちら】

イチオシ記事

主婦でも簡単に稼げる在宅ワーク3選 1

主婦でも在宅で稼ぎたい! 副業元年から一年、在宅で稼ぐために頑張る方が増えましたね。 でもまだ子どもが小さいし、さらに副業で外に働きには行けない!という主婦の方も多いですよね。 昔は子どもが小さいうち ...

-家購入

Copyright© 3人ママのゆっこるNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.