家購入

家の購入を検討した方が良い年齢はいつ?タイミングについて

更新日:

こんにちは、セリユキコです。

今日は家を購入するタイミングについて考えてみたいと思います。

家を購入しようとなった場合、やはり金額も大きな買い物ですから、一般的に最適とされる年齢やタイミングも知っておきたいですよね。

家の購入を検討した方が良い年齢やタイミングについて解説します。

大きな出費が必要になる家の購入ですから、早すぎても遅すぎてもいけません。

一般的には何歳くらいで購入しているのかですが、平均年齢は分譲戸建て住宅か分譲マンションかによっても若干違ってきます。

ある調査では分譲戸建て住宅を購入する平均年齢が39歳で、分譲マンションが43歳となっています。
いずれにしても30代後半から40代前半が全体の8割を占めています。
この30代後半から40代前半というのは、働き盛りの年代でもあります。 年収も安定してきて、そろそろ家を購入しようというタイミングになるようです。

また家を購入する人の平均年収を調べてみると世帯年収が400万円から600万円の家庭が最も多く、これは家を購入する年齢とも合致しそうです。

 

もちろん家を購入するために年収が高くないといけないというわけではありませんが、ある程度の年収や貯えも必要です。

住宅ローンは30年、35と長く続くので、少しでも早く家を購入した方が早く返済が終わり楽になります。

しかし、そうかといって年収も安定しない若い頃に家の購入するのは負担も大きいです。

家を購入する多くの人は頭金を用意して、住宅ローンの負担を軽くしています。

住宅ローンの利息の負担を減らすためにも、頭金があれば残りのローンの返済も楽になります。
急いで家の購入を検討するよりも、30代前半まではじっくり頭金のために貯金しておく方が賢いと言えます。

親からの援助があり、頭金を全て払ってもらえるケースも多いでしょう。
その場合には、結婚してすぐにマイホームを購入することも出来るかもしれません。

しかし結婚すれば妊娠出産もすぐにあります。
赤ちゃんが生まれて子供が小さいうちは、新居に落書きしたり傷をつけるリスクも高いです。

それよりも子供のいたずらも少なくなる小学校に上がるタイミングや、中学校に上がるタイミングで家の購入を検討する人が多くなっています。

また第一子がだいたい小学4年生くらいになると家族構成もある程度固まってくるので必要な間取りなどもイメージがつきやすくなり、購入に適してくると言われています。

 

子供もある程度成長して貯金もあり、収入も安定している30代後半から40代前半がやはり家の購入にはベストのタイミングと言えそうです。
家を購入するのにベストのタイミングは人によって違いますが、30代後半から40代前半が多いです。

マイホームが夢なら、30代になったら家の購入を計画していくと良いでしょう。

Sponsored Link

イチオシ記事

主婦でも簡単に稼げる在宅ワーク3選 1

主婦でも在宅で稼ぎたい! 副業元年から一年、在宅で稼ぐために頑張る方が増えましたね。 でもまだ子どもが小さいし、さらに副業で外に働きには行けない!という主婦の方も多いですよね。 昔は子どもが小さいうち ...

-家購入

Copyright© 3人ママのゆっこるNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.