オンラインサロンってどうなの?人気の二人に聞いてみました。

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、セリユキコです。

ずっと気になっていました。

オンラインサロン運営ってどうなんだろうって。

でも子育てもして家事もしてブログ書いてさらにオンラインサロン…

どうやってやっていけるのか、活動時間の割に費用は見合うものなのか。

 

 

人気オンラインサロンを運営している

【クソババアサロン】のちゃちゃこさん

と、募集でなんと70人も集まった

【べえやんサロン】のべえやん

にオンラインサロン運営について、Twitterインタビューをしてきました。

 

 

読みたいところだけ読む

オンラインサロンとは

オンラインサロンはネット上での会員制のコミュニティです。

お金を払って参加したあとは、クローズドなコミュニティの中で好きなことについて自由に語り合ったり活動しています。

 

 

 

オンラインサロンってどうなの

オンラインサロン運営の仕事は?

ちゃちゃこさんがひきいる【クソババアサロン】は日々子育てに悩むママさんたちの思いを吐き出したり、ブログに関する悩みを解決するための憩いの場です。

現在47人のクソババアを束ねています

 

 

一方【べえやんサロン】は『家で5万円稼ぐ』を目標にみなさん日々有益な情報をシェアし合いながら活動しています。

こちらのサロンは今月限りの活動ですが、なんと62人もメンバーがいます。

 

 

サロンに来る方は、たいてい悩みがあり、解決したくて来ているので、主に疑問質問があった時に答えてあげるのが主な仕事になるんですね。

 

 

 

オンラインサロンは長い時間付き合うことになる

ちゃちゃこさんもべえやんも活動を見ていると、本当にメンバーそれぞれの活動を見て、コメントもしているので一体いつ時間を作っているのか不思議でした。

 

 

 

 

子育てをしながら時間を捻出しないといけないために、スマホを活用して音声入力で時短を目指したり、それでも時間がない時はやはり、自分が他にやりたいことを惜しんでサロンにコミットしているようでした。

 

 

 

またちゃちゃこさんも運営当初は、スマホを見る時間が長くなり疲れることがあったそうです。

 

 

クソババアサロンにわたしは10月から入っているのですが、本当に活発に発言がなされています。

1日見ないと未読が300を超え、なんてこともざらにあります。

 

 

 

運営7ヶ月目ということでしたが、サロンの当初からいるメンバーがちゃちゃこさんに変わって答えていることも多く見かけますので、サロンが育ってくると運営が楽になるんですね。

またスルーする力をつけることも大切だと、ちゃちゃこさんはおっしゃっていました。

 

 

 

オンラインサロンは自分の居場所になる

 

 

クソババアサロンはクソババアというパワーワードのために外野からいろいろと言われることもよくあります。

また育児ネタを扱っているため、いわゆるクソバイス(必要としていないアドバイスのこと)が飛んでくることもあります。

そういった外野からの反応にやめようと思ったことがあるそうです。

 

 

 

それでも続けていられるのは、このサロンが楽しいから、その一言に尽きるようでした。

たった一ヶ月しか経っていないですが、私にとってもクソババアサロンはなくてはならない存在になっています。

 

 

誰しもアウトプットできる経験があるはず!一歩を踏み出そう

 

 

みなさん、いろんな経験をしてきて今があるんですよね。

べえやんのこの言葉で、自分もできることがあるかもしれないと勇気が持てませんか?

 

 

 

またちゃちゃこさんはとりあえずやってみたらいいじゃない!と背中を押してくれています。

 

 

 

オンラインサロンには自分の熱意を持っていこう

 

 

今回ちゃちゃこさんとべえやんにインタビューしてみて、お二人から伝えたい、助けになりたいという強い意志を感じることができました。

 

 

 

まずは自分の持っている強みを見つめて、それをもって誰かの助けになる。

その場が救いの場になり自分の居場所にもなる。

そうなったら素敵ですよね。

 

 

そしてべえやんがいっている通り、オンラインサロンって実は簡単なのかもしれません。

まずはなんでもやってみないといけないということですね。

 

 

 

自分の収益化の一つに挙げられるオンラインサロンですが、どちらかというとネット上でビジネスをするうえでの自分の支えになる場所といった印象も受けました

 

 

これを読んでこれからオンラインサロンを始めようかなと考えている方へ、背中を押す材料になれば幸いです

この記事を共有したい!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大手メディアで編集者として働く3児のママ

✐☡ライター依頼は問い合わせよりお願いします

お金の話が大好き!最近はLINE Payでお得に買い物をすることにどハマり中…

【詳しくはこちら】

コメント

コメントする

読みたいところだけ読む
閉じる