Sponsored Link

家計簿

年収1000万円夫婦の貯金ないブス家計簿【2019年3月】

更新日:

【年収1000万円夫婦】貯金ない家計簿3月

こんにちは、年収1000万円夫婦のゆっこです。

3月の家計簿を公開します。

今月は掃除機が壊れたこと、夫が元気なかったので温泉に行ったことなどで出費が多い月となりました。

わが家は0歳、3歳、4歳、子ども3人の5人家族です。

 

 

 

Sponsored Link

年収1000万円夫婦の家計簿3月

【3月家計簿内訳】

年収1000万円夫婦の家計簿3月、全体の割合

今月の全体のグラフです。

項目 金額 割合
固定費 353,234円 54.27%
小遣い 87,890円 13.5%
食費 63,025円 9.68%
レジャー 41,611円 6.39%
雑費 35,859円 5.51%
投資 33,500円 5.15%
子ども 17,725円 2.72%
日用品 8,758円 1.35%
医療費 6,166円 0.95%
交通費 2,400円 0.37%
イベント 700円 0.11%

 

 

 

まず固定費の内訳から↓↓

年収1000万円夫婦の家計簿3月、固定費内訳

項目 金額
住居費 145,100円
保育園 71,050円
自動車 45,247円
教育 34,192円
水道・光熱費 27,086円
通信費 26,291円
保険 4,268円

 

 

【光熱費内訳】

項目 金額
電気 15,268円
ガス 4,542円
水道 7,276円

 

 

電気ガスの自由化にともない、電気はLooopでんきに、ガスはレモンガスに切り替えています。

切り替えたばかりなので光熱費の比較はできません。

 

しかし、LINE Payで月末になると度々20%還元キャンペーンをしています。

そのため、切り替え時期を見誤ったなと少し公開しているところです。

固定費は家計の中で大きな割合を占めるので、ここでポイント還元とはいえ公共料金が20%も還元されるのは早々にありません。

しかも3月25日には東京電力に加え東京ガスの料金も請求書払いに対応するようになっています。

 

 

LINE Payで還元されたポイントは1ポイント1円で使えます。

携帯電話がLINEモバイルなら、携帯代金にあてることもできるんですよね。

おそらく還元キャンペーンは消費増税までされると思うので、利用できるならして損はないですね。

 

【関連記事】LINE Payの請求書支払いが便利でとってもお得!


 

 

家計簿の詳しい解説は2018年10月の家計簿公開でしています。

年収1000万円夫婦の家計簿2018年10月

 

 

 

 

次は食費の内訳↓↓

年収1000万円夫婦の家計簿3月、食費の割合
 

項目 金額
食費 40,863円
外食 22,162円

 

普段外食を抜いた食費は45000円に設定しているのですが、今月は4万円ちょっとに抑えることができました。

外食はいつもより多めだったのは春になり、土日は外でピクニックをすることが増えたからです。

去年はよくおにぎりを作ってでかけていましたが、今年は赤ちゃんがいることでなかなかお弁当は作れず、外部パワー頼りのため高くついています。

ただ、食費全体で6.5万円に収めることを目標としているので良しとします!

 

【関連記事】5人家族で食費を35000円におさえる方法9選!

 

 

Sponsored Link

 

 

 

年収1000万円夫婦の家計簿3月、小遣いの割合

こちらは小遣い内訳です。

項目 金額
60,000円
27,890円

 

わたしの小遣いは5000円に収めることを目指しています。

今回高くなっているのは古くなった携帯の買い替え代金25000円があるためです。

2回払いで来月も25000円かかってきます。これは特別支出として計上します。

残りで見ると予算以内なので良しとします!

 

 

 

 

その他の内訳↓

項目 金額
雑費 35,859円
投資 33,500円
子ども 17,725円
日用品 8,758円
医療費 6,166円
交通費 2,400円
イベント 700円

計 650,868円

 

投資については毎月出ている児童手当3.5万円のうち、3.35万円を投資に回しています。

詳しくは『投資運用成績2019年2月17日』に書いてます。

 

 

わが家は貯蓄額100万以下なのに投資やってます。

投資について、始めてみたいけど悩んでいるという方は『投資を始めたいと思っている方に見てほしい記事』をご覧ください。

具体的には積立投資信託とつみたてNISAをしています。

積立投資信託がなぜ初心者にもオススメなのかは、『大暴落は大バーゲン!』を読んで頂ければ理解していただけます。

 

 

 

年収1000万円夫婦の家計簿、月の収入は?

収入(100円以下は切り捨て)

夫;344,000円

妻;199,000円(1月支給の育休手当を2で割った額)

計;543,000円

 

2018年10月から育休を取っています。

3月に2回目の育休手当が振り込まれました!

来月は振込がありません。

育休中、時間はたっぷりあるので家にいる間に子どもたちの不要になった服などを売ったり、そのほか副業などで足しにしていこうと思っています。

 

 

またわが家は結婚5年目なのですが、新婚当時に買った掃除機やPCも壊れ、買い換えています。

PCは確定申告で返ってくる分で対応しました。

ちょうどLINE Payでのキャンペーンがやっていたので3万円の掃除機を買って、3000円相当の還元を受けることができました。

これから徐々に家電の買い替えが始まりそうなので、うまいことスマホ決済のキャンペーンを使いながらお得に買い物していきたいなと思っています。

 

 

スマホ決済は消費増税に合わせて利用者獲得するために、かなりのキャンペーンを打ってくることが予想されるので、うまく使ってポイント還元を利用していこうと考えています。

 

 

 

去年の年間収支まとめと、今年の予算を出したので、あわせて『2018年年間収支と2019年の予算』もご覧ください。

Sponsored Link

 

 

 

ゆっこるのLINE@はじめました

ブログに書いていない年収1000万円夫婦の貯金ないリアル貯蓄額や副業、育児について発信しています。

投資運用成績についても定期的に配信しています。
1対1でのやり取りも可能なので、疑問質問も気軽にどうぞ!

ぜひ登録してね!

友だち追加

 

 

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

 

 

【関連記事】年収1000万円夫婦の家計簿【2月】

【関連記事】投資信託をするならSBI証券でやろう!その理由は?

 

Sponsored Link
Sponsored Link

  • この記事を書いた人

ゆっこる

大手メディアで編集者として働く3児のママ
✐☡ライター依頼は問い合わせよりお願いします
お金の話が大好き!最近はLINE Payでお得に買い物をすることにどハマり中…
【詳しくはこちら】

-家計簿

Copyright© 3人ママのゆっこるNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.