家購入

建売の家を選ぶ場合の注意点とは?落とし穴にご用心

更新日:

こんにちは、ゆっこです。

家を買う上で内覧に行く人も多いですよね。

すでに家が建っているものを購入するのが、建売住宅です。

 

 

即入居も可能で暮らしぶりもイメージしやすい建売の家ですが、思わぬ落とし穴が潜んでいるかもしれません。

手軽にマイホームを手に入れることができますが、後で後悔しないためにいくつか注意点もあります。

 

 

建売のメリット
●すぐに住める
●住んだ時のイメージが持ちやすい

建売のデメリット
●希望の間取りがないことも多い。住む人が合わせないといけない。

●デザインなどにこだわりがあると厳しい

●どの建売もだいたい同じように作られる。そのため、住んでみて導線がうまくいかなかったり、音に悩むこともある

●オプションを付けていくと予想外に高額になることもある

順に見ていきます。

Sponsored Link

希望の間取りが見つからない、住んでみてわかることもある

建売の最大の魅力はすでに完成しているのですぐに住めるということです。

 

 

また、すでに間取りなども決まっている建売住宅ですから、あまりこだわらない人にとってはそれが手軽でメリットになりますが、それがストレスになる人もいるでしょう。

家の間取りはとても大切で、家族構成や生活スタイルによって最適な間取りは違ってきます。

希望通りの間取りの建売住宅があれば良いですが、なかなか思うような物件が見当たらないという人もいるでしょう。

 

 

最近では家族一人一人の部屋を小さくしてリビングを広く快適にし、リビングに家族が集まるようにする【リビ充】が人気を集めています。

わが家も家探しでリビ充を重視して探していますが、建売一戸建てでなかなか見つけられないですね。

希望の間取りがない場合は、注文住宅で一から建てるか、今ある建物をガラッと中の間取りを変えるリノベーションをするか、になると思います。

 

 

オシャレなデザインにこだわりたい人にも、建売住宅は向いていないかも知れません。

すでに建っている家を購入するのですから、ある程度は妥協した家になってしまう可能性が高いです。

 

完成しているためにそこでの暮らしをイメージしやすい建売住宅ですが、一方で、その家に暮らしを合わせなければいけないということでもあります。

実際に生活してみると気になることがたくさん出てくるもので、家を購入してから気づくのでは遅いのです。

 

 

音の響き方や通気性、日あたりや家事動線については、見た目だけではなかなか判断できずこれが大きなストレスとなる可能性もあります。

 

1階と2階の部屋の位置で音が響いて気になったり、日あたりが悪い、家事動線が悪くスムーズに生活できないこともあります。

 

 

全てをクリアするのは難しいかもしれませんが、購入前に家族できちんと話し合って、譲れないポイントを考えて後で後悔しないようにしましょう。

 

建築過程がわからない不安、オプションによる金額UP⤴︎⤴︎

また、思わぬ手抜き工事が行われている可能性もゼロではありません。

主に建設での手抜きは土台の筋交いと呼ばれる、建築において強度を増す部分を抜いたりします。

↑斜めに組んであるのが筋交い

 

しかし、最近では2✖️4という建築方法でそもそも筋交いの工程を入れる必要がなくなったため、昔でいう手抜きということもなくなりました。

 

それでも建築工事中のことは一切分からないというデメリットがあります。

実際に住んでみてから何かしらの欠陥に気がつくケースもあります。

このような思わぬリスクを避けるためには、売買契約書は瑕疵担保の明記があるかしっかりチェックしておきましょう。

 

 

ちなみに平成12年から施行されている法律により、新築は10年間基礎構造部分に10年間の瑕疵が義務付けられています。

 

つまり、10年間のうちに基礎部分に何かあればすぐに修復してもらえます。

欠陥があった場合に10年の間であれば不動産会社などに責任を問うことが出来ます。

 

 

 

建売住宅は注文住宅よりもリーズナブルなことが魅力ですが、オプションを付けていると予算オーバーになってしまうケースもあります。

建売住宅の場合は、家の中はもちろん家の外の設備や機能も十分に整えられているか注意しなくてはいけません。

 

一戸建ですから、家や車を守るためにシャッターやフェンスなどが必要になります。

家の機能は充実していても、これらが付いていない建売住宅も多くあります。

そうなると後付けする必要があり、トータルすればかなりコストがかかってしまうことになります。

 

 

 

建売の家を選ぶ時には間取りや通気性、日あたりなどに問題がないか、設備や機能は十分かチェックしましょう。

手軽な建売住宅ですが、安易に決めてしまうと思わぬ落とし穴があるかもしれないので注意しましょう。

【関連記事】一戸建とマンションそれぞれのメリットに注目した選び方

【関連記事】年末調整をしていても安心しないで!忘れずやろう確定申告

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

Sponsored Link
  • この記事を書いた人

ゆっこる

大手メディアで編集者として働く3児のママ
お金の話が大好き!最近はLINE Payでお得に買い物をすることにどハマり中…
【詳しくはこちら】

イチオシ記事

主婦でも簡単に稼げる在宅ワーク3選 1

主婦でも在宅で稼ぎたい! 副業元年から一年、在宅で稼ぐために頑張る方が増えましたね。 でもまだ子どもが小さいし、さらに副業で外に働きには行けない!という主婦の方も多いですよね。 昔は子どもが小さいうち ...

-家購入

Copyright© 3人ママのゆっこるNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.