家購入

頭金と手付金の違いとは?解約する時の返金ルールもチェック

更新日:

こんにちは、セリユキコです。

今日は大切なお金の中でも重要な頭金と手付金について!

マンションでも一戸建てでも家を購入する時には頭金や諸費用などのさまざまな費用がかかりますが、頭金と手付金の違いについて知らない人も多いです。

頭金と手付金は間違えやすいので違いを理解しておき、解約する時の返金ルールについても知っておきましょう。

頭金は物件価格の一部を、ローンを利用しないで現金で支払う部分のことです。物件価格から頭金を差し引いた部分を住宅ローンから借りて返済していくことになります。

例えば4000万円のマンションを購入して頭金として現金500万円を支払えば、残りの3500万円が住宅ローンの借入額となります。
頭金は物件価格の1割から2割ほどが目安ですが、最近は頭金0円で家を購入する人も増えています。

高額な初期費用を準備しなくても家を購入出来るのがメリットですが、頭金があった方が住宅ローンの返済はラクになります。

この頭金と間違われやすいのが手付金です。

手付金は、不動産の売買契約を売り手も買い手も互いにキャンセルしないようにするためのお金で、頭金と同様に現金で用意しなくてはいけません。
売買契約時に物件価格の一部を先に払うのが手付金です。

まずマンションや一戸建て購入の売買契約をしてから住宅ローンの審査があり、それから引き渡しとなります。

お金の支払いは引き渡しのタイミングになるのですが、売買契約から1か月から2か月ほどかかります。

ですからここでキャンセルを防ぐために、売買契約の時に物件価格の一部を手付金として先に支払うのです。

手付金は買い手だけでなく、売り手のキャンセルも防ぐためのお金です。

万が一、買い主が売買契約後にやっぱり契約を解除したいと申し出た場合には、手付金は戻ってきません。
先に支払った手付金は、そのまま放棄しなければいけないルールになっています。

手付金は売買契約が成立したことを証明するお金で、売り手も買い手も双方に途中解約させないためのお金です。

反対に、売り主が契約解除を申し出た場合には、手付金の2倍の額を買い主に支払わなければいけないルールがあります。

手付金の相場ですが一般的に物件価格の5%から10%で、中古物件だと5%が相場となります。

売買契約を行うためには、契約書を作成したり、準備や調査なども必要ですが、これがキャンセルになれば不動産会社としては大きな痛手となります。
ですから、手付金が5%未満の契約申し込みは受付けしてもらえないところもあります。

ただ手付金は現金で必要ですし、物件も高くなるほどに手付金の金額も高額になるので、どうしても準備できない場合は相談してみましょう。
ちなみに我が家は手付金を出せない話をしたところ、それも含めてローンに組み込んでくれるように試算してくれたところもありました。
また結構高い物件を見ていたところでも100万最低出してくれればいいですよと言ってくれたところもあったのでまずは相談してみましょう!

ただ、この手付金はあくまでも先払いのお金で、物件価格とは別にかかる費用ではありません。

通常は決済の際に頭金としてそのまま支払われるもので、手付金と頭金を差し引いた残りの金額を住宅ローンで支払うことになります。

また頭金なしで住宅ローンを借りた時にも手付金は必要で、売買契約時に現金で支払って、決済の時に戻ってくる仕組みです。

頭金と手付金はどちらも物件価格の一部ですが、意味が違います。

手付金は買い主と売り主のキャンセルを防ぐためのもので、解約時のルールも設けられているので知っておきましょう。

Sponsored Link
  • この記事を書いた人

ichiyukimama

働きながら年子育児をしています。妊娠、出産を経て知りたかったこと、経験できたことなどを書いていこうと思います。なかなか聞けないお金の話も公開していきます。

イチオシ記事

主婦でも簡単に稼げる在宅ワーク3選 1

主婦でも在宅で稼ぎたい! 副業元年から一年、在宅で稼ぐために頑張る方が増えましたね。 でもまだ子どもが小さいし、さらに副業で外に働きには行けない!という主婦の方も多いですよね。 昔は子どもが小さいうち ...

-家購入

Copyright© 3人ママのゆっこるNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.